フォトフェイシャルで最強美肌になれる福岡のクリニックはココ!

HOME » 必読!フォトフェイシャルの重要知識 » レーザー治療との違いは?

レーザー治療との違いは?

フォトフェイシャルとレーザー治療の違いについて、それぞれの特徴やメリット・デメリットなどを比較してまとめてみました。

フォトフェイシャルとレーザーの光について

フォトフェイシャルとレーザー治療は、どちらも光を使った美容治療です。でも、使用する光の性質が異なるため、お肌への作用にも違いがあります。

フォトフェイシャルで使用するのは、IPL(Intense Pulsed Light)というマイルドな光です。顔全体への施術を一度に行うことができて、シワ・たるみ・シミ・そばかす・毛穴の開き・赤ら顔など、様々な症状を同時に改善することができます。

レーザー治療で使用するのは、フォトフェイシャルよりも強い光です。シワやシミなどのお悩みによって機器を使い分け、気になる部分にピンポイントで照射して肌トラブルを治していきます。

肌への負担が少ないのはフォトフェイシャル

フォトフェイシャルは、肌へのダメージが少なく、施術後のダウンタイムも短いのがメリットです! 副作用や痛みがほとんどないので、初めての方でも安心して施術を受けることができますよ。施術後は、すぐに洗顔やメイクをしても大丈夫です。その後は、間隔をあけて5回~10回ほど施術を受けていきます。

一方、レーザー治療にはダウンタイムがあり、施術後に赤みや残ったり、かさぶたができたりします。そのため、施術を受けてから数日~数ヵ月は、ガーゼを貼って過ごすことになるでしょう。でも、レーザー治療は基本的に1回で完了するのがメリットだと思います。

レーザーの痛みが苦手な方や、より安全性の高い美容治療を希望する方には、マイルドな光で治療するフォトフェイシャルがオススメですよ。よろしければ参考にしてくださいね。

  レーザー治療 フォトフェイシャル
施術方法や効果 ●治療したい肌トラブルによって器械を使い分ける。
●気になる部分部分にピンポイントで光を照射していく。
●「シミ・ソバカス、赤ら顔、小じわ、毛穴の開き」など全く異なる症状に同時に効果を発揮する。
●顔全体の施術が一度にできる。
施術後の
ダウンタイム
●レーザーをあてた部分にかさぶたや色素沈着がおこる。
●施術後、数日~数ヶ月間はガーゼなどを貼って保護。
●施術時間も短く、肌へのダメージもほとんどない。
●施術後すぐに洗顔やメイクができる。
 
厳選!フォトフェイシャルのクリニックなび@福岡